1. HOME
  2. ブログ
  3. 最新情報
  4. コラム
  5. SNS導線を考える/ SNSで成果を生み出すためには?

What's New

最新情報

コラム

SNS導線を考える/ SNSで成果を生み出すためには?

SNS導線を考える/ SNSで成果を生み出すためには?

SNSの特性として、「タイムライン」があります。 SNSをスマホのアプリで開いた場合などに、まず出てくる投稿がそれとなります。

 

そこで、たまたまその投稿にあるキャッチコピーに目が留まった人は、その後どのような行動を起こすでしょうか。

 

そうですね。多くの人はキャッチコピー近辺にある、その他情報を一瞬見ようという行動になります。

 

それをSNSで考えた場合、その投稿の前後投稿も目のやり場になりますが、発信者としてまず目にしてほしい情報を場所は「プロフィール欄」「基本情報」「概要欄」等ではないでしょうか。

 

成果を生み出せていないアカウントは、この項目が重要視されておらず、どうでも良い文章だったり、文量も少なければ大切な情報や見てもらいたいページのURLの埋め込みもなかったりします。

 

SNS上にいる潜在ユーザーは、キャッチコピーを見て、そのサービスや企業名を自ら検索できるユーザーだけではないことをあらかじめ認識しておきましょう。

 

いきなりオフィシャルサイトへ行ってもらうことが良いのか、それともまずはYoutubeのコンテンツを見てもらってからのが良いか等、自社としてベストな導線を探してみましょう。

 

発信側として、SNS運用を行う際の「理想の導線」を計画することが必要です。

SNS活用、運用に関するお問い合わせはこちら

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事